Interview with Sputniko!

updated   : 18   : 0   : 0

スプツニ子!×ファッション―彼女は、なぜ作品を纏うのか?

「Sputniko!(スプツニ子!)」とは何者か?・・・アーティスト、ミュージシャン、マルチな才能を持つことで知られている彼女だが、あえて「ファッション」という切り口から迫っていきたい。今回は、2012年夏公開予定の最新作『菜の花ヒール』を主軸に、彼女が持つセンスの源に迫る。


写真:Takuya Shima

2012年03月11日から04月16日にかけて、「超群島 – HyperArchipelago」展が「GYRE(東京・表参道)」にて開催された。そこで、スプツニ子!は、ファッションブランド「Masaya Kushino(マサヤクシノ)」とのコラボレーション作品を発表した。『Healing Fukushima(菜の花ヒール)』と名付けられた靴は、文字通り、歩くとヒールの先端から菜の花のタネが地中に植えられ、歩いたあとから菜の花が咲いていくというコンセプトである。

これまでも彼女の作品では、日常や生活に纏わる出来事の延長線上にある疑問からインスピレーションを受けている。それをユーモアな切り口で、自身のアイデンティティである「サイエンス」の考えを応用して、独自のポップな世界観に仕上げてきた。そんな彼女が持つ世界観やビジュアル的センスを「アート」ではなく、最新作『菜の花ヒール』を軸に「ファッション」の切り口から探っていきたい。

next page >なぜ、原発・菜の花なのか?