date
2012/03/22
place
TOKYO MIDTOWN HALL A
theme
adakyoku
designer
Sara Arai
stage direction
Akiyoshi Inomata
stylist
Yoshi Miyamasu
hair
TERU
make
MIZU
music
KOBUDO
model casting
HYPE
release editing:
Hitomi Ito
show press
PAS A PAS PR DIV. / C’EST CHOUETTE CO.,LTD

araisara 2012-2013 autumn & winter collection

updated   : 5   : 0   : 0

100通り着れる“一着の服”が持つ無限大の可能性へ挑戦

「araisara(アライサラ)」による2012年秋冬コレクション「阿那曲~ADAKYOKU~」が発表された。東京コレクションでの最後の発表となる今期は「楊貴妃」からインスピレーションを受け、日本と中国の文化を服のなかで引きあわせた。

踊って、うすぎぬの衣裳のそでが揺れ動き、
衣裳に焚きしめている香のかおりが次から次へ漂ってきて、
やむことがない。
秋の靄の中に霞むあかい蓮の花にも似た、
舞姫のしなやかなすがた。
軽やかな雲が、みねの上で風に揺らいでいるように、
美しい女性の髪は、うなじの上で揺らいでいる。
若葉の柳の枝が、女性の踊っているように、
池の水面を撫でるように動いている。
楊貴妃「阿那曲」大意より

「伝説上の人物だが、一人の人間として文化を継承した生き方に影響を受けた」

今期のテーマ「阿那曲(アダキョク)」とは、音楽や舞踊に多大な才能を有していたことでも知られる「楊貴妃(ヨウキヒ)」による唯一残された唐詩として、舞姫の舞姿を恰も自然の景観を詠うように見せながら、詠い上げている作品である。だが、世界三大美女とも例えられる楊貴妃を女性像としてでなく、デザイナー荒井沙羅は「伝説上の人物だが、一人の人間として文化を継承した生き方に影響を受けた」と述べ、人間性や作品から大きな影響を受けた。

時間という縦軸、場所という横軸の融合

アライサラでは、これまで日本の伝統技術を現代・未来に繋ぐべく“時”という縦軸をキーワードに展開してきた。今回は、日本と中国、つまり“場所”という横軸を結び合わせることで、それぞれの類同する技術を掛けあわせて更なる発展を目指した。その代表的な技法が、日本でいう「濡れ描き」と「切り絵」にある。濡れ描きは、生地を濡らした状態で、染料の滲みを操りながら絵を描いていく京友禅の技法であるが、中国では水墨画の技法として長く受け継がれてきたものである。また、「切り絵」は、中国では「剪紙(せんし)」と呼ばれ、ハサミを用いて図案(神話・民間伝統・人物・動物・虫草・花鳥など)を作り出し民間芸術として栄えてきた技術である。現代における剪紙は、インテリアに使われることが多いが、この剪紙で生み出した図案を元に日本の手捺染の技法で洋服上に技法融合させて表現させた。楊貴妃のアティチュードと日本に25年、中国に20数年のルーツを持つデザイナーならではのアイデンティティを感じさせるテーマの発展方法である。

全コレクションルックを“一着の服”による着まわしで構成

ルックを見ると、トップスとボトムスが分かれているように見えるが、実は今期の全コレクションルックを“一着の服”による着まわしで構成した。「わたしたち人間のコミュニケーションが無限大のように“一着の服”が持つ無限の可能性を伝えたく、服の限界に挑戦したかった。一つの服、一つの技法、一人の人という『点』が、時を越え、海を越え、縁というかすかな線の糸で結ばれてどんな形になっていくのか」という動機から、一日20時間以上に及ぶフィッターモデルを使った立体裁断を繰り返した。そして、新しい着方が誕生する度に生まれるシワやシルエットなど弊害を平面上で修正する作業を何度も繰り返して完成した作品である。これはマネキンを使わずにフィッターモデルを使って、実際の運動量などを体感して立体裁断を行うデザイナーならではの服作りに対する姿勢が表れている。「全て一枚の服から生まれ、出逢った一人のお客様から始まる。身にまとうその人の想像力によって自由に完成する始まりの『点』である」という信念を体現して生まれた「100通り着れる」渾身の作品である。

「ただ洋服を見せるだけでなく、限られた時間だからこそ観て頂いた方々に何か感じてほしい」

ショーの演出では、「ただ洋服を見せるだけでなく、限られた時間だからこそ観て頂いた方々に何か感じてほしい」という想いから、単にランウェイをモデルが歩くだけでなく、合間に生演奏のソロパートを挟んだり、フィナーレでは「豊かな気持ちになるよう」リフレッシュの香りを撒いた。この“香”は、阿那曲の詩中にも登場してくるキーワードであると同時に、服の細部(京友禅)にも繋がりがある。京友禅では、どんな花を描いても最後の工程で芯を描くことを「“かおり”を入れる」と言い、完成した部分を“におい”という習わしの文化がある。この偶発的な繋がりも本コレクションの奥ゆかしさを表している。

また、ショーミュジックでは「楽器のジャンルにとらわれずに発表している姿勢にブランドとの共感を得た」という、クラシック・古川展生(チェロ)、ポップス・妹尾 武(ピアノ)、純邦楽・藤原道山(尺八)によるスペシャルユニット「KOBUDO -古武道-」の生演奏が行われた。その他、モデルには、日本・中国・台湾・韓国といったアジアを代表するモデルが登場し、ファッションモデルの杏がファーストルックに登場した。

次回のコレクションからは、日本を製作拠点としてながらも「もっと、日本やアジアの文化を世界に届けたい」という想いから、発表の場をパリに移す。今後も伝統技術の継承・発展と同時に、世界でも通用するモダンなスタイルを生み出してもらいたい。

写真・文:スナオシタカヒサ