theme
EDOMAE TRAD
designer & styling
Hidenori Kumakiri
hair & make
Kenji Toyota
look photographer
Motofumi Sannomiya

beautiful people 2014 spring & summer collection

updated   : 11   : 0   : 0

リネンに映えるモノクロのロックスター

2013年10月17日「beautiful people(ビューティフル・ピープル)」による2014年春夏コレクション「THE beautiful people」が発表された。ビートルズやローリングストーンズといった60~70年代のロックスターに憧れ、「ロックスターとその恋人」を上質な素材を用いて自由な雰囲気で表現した。

素材で描くモノクロフィルム

会場となったのは代々木VILLAGE。会場の入り口やインビテーションには熱狂的なビートルズファンが押し掛けているモノクロ写真が用いられた。今回のメインビジュアルやデザインソースとなったモノクロ写真を表現するために素材にリネンを中心にセレクトした。これは黒に染めながらも真っ黒にはならないというリネンの性質を生かし、例えばファーストルックで登場したコートは、濃淡でヒョウ柄を描き出し、その他にもワンピースやメンズのブルゾンなどでその世界を表現した。

技術力・発想力を凝縮した新”お家芸”アイテム”

ビューティフル・ピープルの新たな挑戦アイテムとしてが透けているメンズジャケットが登場した。通常のジャケットならば裏地の外に付けられるレースを裏地の中に入れ、外からみてもワンポイントとなりウールの上質な透け感と工夫が観られた。これは夏でも着ることができ、トラッドスタイル・技術・ユニークの3要素を取り入れる得意技を象徴し、熊切自身も「新しい感じでできたと思う」とコメントしており、今後のバリエーション展開も期待したい。

次いでレディースでは深みのある緑の総レースで作られたトレンチは贅沢な生地使いで実用的とは言えないが、確かな技術に裏付けられたアイテムと言える。これぞ”セレブリティ”といった仕上がりである。袖を捲り上げ、フラットなサンダルに合わせたラフなスタイリングは上質なリアルクローズをショーで発表するブランドにとって、技術力・パフォーマンス性を表現するにも良いスパイスになっていた。ビューティフル・ピープル定番のキッズサイズトレンチは、最高級のアルティメイトピマ綿を使用しているが、今回は形や素材を変えて仕掛けてきた。

ファッションを通しての色褪せないロックスター像

モデルは全てカップルやグループで登場し、同ブランドのショーではお馴染の煙草を片手にしたモデルや、時折楽しげに会話をしながらウォーキングをする姿は、これまで以上に自由な雰囲気が伝わってくる。今回の会場についてデザイナー熊切は、「緊張感のないパブリックスペースを選び、みんながお茶をしていたらショーが始まってしまったかのようにするのが狙いだった」という。デザイナー熊切が憧れるという60~70年初めを生きたロックスターとその恋人の楽しそうな雰囲気。セレブやファッショナブルな人々の姿は「beautiful people」の本来の姿である。

そしてショー中盤に登場したカップルに注目したい。レディースの落ち着いたチェック柄のダブルのスーツに9分丈パンツのセットアップ、同素材のロングコートを羽織ったメンズ。キュプラにシルクやテジンを合わせ、バランスを考慮した素材を使い、女の子に合わせて一番かわいいスーツを追求したという。レディースから始めたブランドとしての特徴がこのルックに表れている。

モノクロの世界に所々カラフルな色を散りばめ、春夏コレクションとしては渋い印象でありながらも華やかな仕上がりとなった。ドット柄・ストライプのリネンのシューズや、クラッチバッグなどは懐かしさと現代の要素がナチュラルに昇華している。ユニオンジャック柄を描いた同じリネンのライダースジャケットが登場した瞬間に、無意識にあのロックスターの姿を重ねてしまう。

活動の全てがデザインすること

日本の伝統的な「粋」に着目した「EDOMAE TRAD(江戸前トラッド)」がテーマの2013年春夏コレクションは記憶に新しいが、クオリティの高いトラッドを日本ブランドが表現することで新たな価値を生み出していた。今回は、海外セレブの姿に思いを馳せながらも独自のユニークさを挟むことで、「日本にはこういう面白さがあるんだよ!」と改めてメッセージを発しているショーであった。ニワトリが喧嘩をしている絵柄のカットソーをロックスターが着ることを誰が想像したであろうか。

余談になるが、beautiful peopleのデザインチームである熊切(デザイナー)・戸田(パタンナー)・若林(セールスプロモーション)・米(企画生産)の4人自らが「THE beautiful people」としてバンドを組んでおり、ビューティフル・ピープルの表面に留まらないクリエーションに対する姿勢をここに垣間見ることができる。

今回のテーマ「THE beautiful people」。あのモノクロ写真のファンが注いだ熱い視線の先には、彼らの服があることが想像できる。敢えて写真に写らないのは、「何か新しいもの」を追求し続けるbeautiful peopleの姿勢そのものではないだろうか。

文:石川 千央

beautiful people / ビューティフル・ピープル

「何か新しいもの」をコンセプトに、熊切秀典(企画デザイン)、戸田昌良(パターン)、米タミオ(企画生産)、若林祐介(セールスプロモーション)の4人が中心になっている。大人と子供が共有できる“キッズライン”など、確かな技術に裏打ちされたウィットに富んだコレクションが特徴。また東京ブランドでは珍しくプレコレクションにも力を入れている。昨年には初の直営店をオープンするなど、業界内外から高い支持を得ている。

designer

熊切 秀典
Hidenori Kumakiri

collection

2016 s/s

2015 a/w

2015 s/s

2014 a/w

2014 s/s

2013 pre autumn

2013 s/s

2013 pre spring

2012 a/w

2012 pre autumn

2012 spin off summer

2012 s/s

2012 pre spring

2011 a/w

2011 pre autumn

2011 s/s

2011 pre spring

2010 a/w

2010 s/s

2009 a/w

2009 s/s

2008 a/w

2008 s/s

2007 a/w