beautiful people 2016 spring & summer collection

updated   : 5   : 0   : 0

嘘をつかないOLD TRICK

2015年10月13日、「beautiful people(ビューティフル・ピープル)」による2016年春夏コレクションが発表された。今回は、天然素材による50年代のクチュールの上質さをそのままに、ケミカルな味付けをすることで軽妙で現代的な季節を描き出した。テーマは「OLD TRICK」。

スマートな縦ラインの強調から、豊かなシルエットへの変化

ショー会場を公式会場の渋谷ヒカリエに移して2シーズン目のビューティフル・ピープル。2015年秋冬コレクションから特に目立つのが、生地分量の多さである。2015年秋冬コレクションより前のコレクションでは、タイトなパンツやジャケット、丈の短いワンピースが多く見受けられ、着る人をスマートに魅せるアイテムがメインとなっていた。素材の自然な動きを生かした(計算された)パターンへの変化と受け取ることができるが、決してルーズな雰囲気ではない。

派手な演出や装飾はなく、シンプルなランウェイは逆に潔くも感じ、デティールでの勝負に拍車がかかっていた。

トワルの重要性

ウエストを絞ったコルセット型のトップスに、黒のロングジャケットのファーストルックで幕を開けた。デザイナーの熊切氏は、「クチュールの技術を自分たちなりに勉強して、それでも今っぽく仕上げた。」と語り、ショーのラストを飾った前がパンツで後ろがスカート仕立てのジャンプスーツを“今回の集大成”と述べる。得意とするジャケットも裁断方法から見直し、クリアな空気感とは裏腹に服作りの根本から熱の篭った様子を伺わせた。

特に目が止まったのは、ベアショルダーのコルセットトップスやワンピースにはボーンを内臓し、ペプラム部分にはドレスの技法を用いている点である。

このようにクチュールの要素が多く見受けらた一方で、CWU-36/P(米国の陸海空軍が採用している暖気候用のフライトジャケット)をベースにしたフライトジャケットや、定番のライーダスジャケットをスタイリングに取り組むことで、“今っぽく”肩の張り過ぎない仕上がりとなった。ガラス加工のサンダルやカンカン帽、サングラスなどのアクセサリー類も頼もしい打線である。

真摯な服作りを存分にプレゼンテーションしていながらも、“トワル”に掛け、伝統的な「トワル・ド・ジュイ」の柄を『ジャックと豆の木』風にアレンジしたプリント生地は、ペプラムブラウスで上品に仕立てており、これまで通りのTRICKに気がつく。

技術と素材と

妥協のないパターンメイキングと同等に素材を突き詰めて行った結果、シーズンを追う毎に上質さが増してきている印象である。ジャンプスーツやパンツ、ジャケットを展開したシルク生地は、一反織り上げるのに約一週間かかり、多色織りのジャガード生地や布帛の織柄をニットの編みで表現したリップル編みのニットポロは、何れも高度な技術を要する。

これらの集合体として、透け感のある生地の繊細さと張りのある生地の安定感のコントラストに、織りやプリントの表情が加わることで一見ベーシックながら深みのある世界が描かれている。

ビューティフル・ピープルの嘘をつかない真っ直ぐな服作りが女性たちをより美しく見せるのではないだろうか、そう思わせられるようなコレクションであった。服に付随するストーリーよりも服一着一着に織り込まれ、縫い込まれた姿勢こそが人々の心を自然と動かすものになっている。

文:石川 千央

beautiful people / ビューティフル・ピープル

「何か新しいもの」をコンセプトに、熊切秀典(企画デザイン)、戸田昌良(パターン)、米タミオ(企画生産)、若林祐介(セールスプロモーション)の4人が中心になっている。大人と子供が共有できる“キッズライン”など、確かな技術に裏打ちされたウィットに富んだコレクションが特徴。また東京ブランドでは珍しくプレコレクションにも力を入れている。昨年には初の直営店をオープンするなど、業界内外から高い支持を得ている。

designer

熊切 秀典
Hidenori Kumakiri

collection

2016 s/s

2015 a/w

2015 s/s

2014 a/w

2014 s/s

2013 pre autumn

2013 s/s

2013 pre spring

2012 a/w

2012 pre autumn

2012 spin off summer

2012 s/s

2012 pre spring

2011 a/w

2011 pre autumn

2011 s/s

2011 pre spring

2010 a/w

2010 s/s

2009 a/w

2009 s/s

2008 a/w

2008 s/s

2007 a/w