date
2013/10/15
place
SHIBUYA HIKARIE HIKARIE HALL B
theme
STARLINGS
designer
Takeshi Kitazawa
Emiko Sato
show director
SHINJI TORIGOE (DRUMCAN INC.)
motion director
EROTYKA TOKYO PARIS
hair
CHINATSU (SIGNO)
make
MIZU
music
NOOS.
model
CHLOE
ANGUS LOW
ROBERTO
BENJAMIN
MONICA J
KRISTOFFER
ELLIOT
SVETLANA
show press
PR01. , THE WALL CO.,LTD

DRESSEDUNDRESSED 2014 spring & summer collection

updated   : 5   : 0   : 0

東京を羽ばたく集団の自由と恐怖

2013年10月15日「DRESSEDUNDRESSED(ドレスドアンドレスド)」による2014年春夏コレクション「Starling(ムクドリ)」が発表された。今期は、イギリスのサスペンス映画監督で有名なアルフレット・ヒッチコックの「Birds」からインスピレーションを受け、集団を表現した。

暗闇の中で大きな足音が鳴り響き、だんだんと大きくなってくる。何者かが近づいてくる恐怖を感じ始めたころ、ライトアップと共にモデルが登場。ショーが始まってからも足音はつづき、不気味な雰囲気をかもしながら電子音や金属の打撃音などと重なり、やがてはショーミュージックとなっていった。

ファーストルックはシャツとレザースカートを合わせたスタイル。ノースリーブシャツにスカートというトラッドで女性的なスタイルをメンズに合わせた。スカートはレザーでタイトに仕上げており、ジップやポケットがデザインされているバイカーテイストなのがDRESSEDUNDRESSEDらしいパンクなアイテム。メンズのジャケットの上から合わせたスタイリングも印象的。また中盤に登場したインパクトのあるコルセットも同様のデザイン。

つづいて定番のテーラードスタイルやオーバーサイズのTシャツ、ジャケット。アイテム1つ1つ男女の性差を感じさせないきわどい丈のラインを追求。シャツはドルマンスリーブで、首の後にファスナーのあるデザインなど、「レディースのデザインからメンズに落とし込んだ」という事がディテールから伝わってくる。

また素材へのこだわりとして、例えばロングタンクやオーバーサイズのTシャツはジャージー素材の上に樹脂加工することで光沢感のある素材に仕上げた。透け感のあるMA-1は漁業網の技術を使い、丈夫な素材でフォーマルなスタイルに合わせている。一見、チープに感じるMA-1の質感も素材を組み替えることで高級感ある仕上がりになる。今期はカラーバリエーションも豊富だ。モノトーンだけでなくブルーとライトグレーと2色を展開し、ジョージコックスとコラボレーションしたシューズは、これまで使わなかったオールホワイトを採用。春夏らしい鮮やかなアイテムが揃った。

「1匹では愛らしいが、群れをなすと恐怖を与える。これは人間と同じだと思う」

総柄のテキスタイルシャツは、ムクドリが集団でフォーメーションを作っているイメージを描写しているが、実は一点一点が人なのである。渋谷のスクランブル交差点を行き交う人々を真上から撮影、モノクロにする事でムクドリの集団を彷彿させる柄に変化させた。「人間も群れていると時に恐怖を与える」という双方を照らし合わせた表現を見事にテキスタイルに落とし込んだ。

今回はランウェイショーでは珍しいVJ技術を導入。バックスクリーンにショーの映像を流しながらその場でサンプリングし、リアルタイムに映像と空間を組み合わせることで、モデルがまるで群れているような演出をした。 2つの演出を1つに重ね、会場の雰囲気を一層盛り上げた。ファッションデザイナーとしてだけでなく、DJとしても活躍している彼らだからこそできる演出だった。

ブランドとして新しい方向性が垣間見れるコレクション

コンセプチュアルの強い彼らのコレクション。映画の登場人物やアーティストの精神性、ミステリアスな世界感を洋服やアクセサリーに取り入れていた。しかし、今期のテーマのダークな印象とは違い、服からは少しライトに感じられた。

北澤氏は「映画からインスピレーションをうけ、服作りを始めていったが、海外に視野を向けたとき、東京らしさというキーワードを意識しました。私達の周辺、環境から、“東京”の自由なスタイリングに注目しデザインした。」とコメント。新たなブランドの強みを見いだしたコレクションのようだ。

ランウェイでデビューして3シーズン目。彼らが作ってきたブランドの世界観を表現するだけでなく、これから展開していく上で大きな分岐点となるコレクションのように感じた。モードとストリートをミックスしたような彼らのコレクションは、東京のクラブピープルのスタイルを彷彿させる。彼らが90年代にクラブシーンで培ったファッションスタイルは、他のブランドには無い強みである。今回、世界での活躍が最も期待できる気鋭のファッションデザイナーへ海外輸送の支援をする「DHLファッションアワード」を受賞。これからのDRESSEDUNDRESSEDのコレクションに目が離せない。

文:徳永啓太



DRESSEDUNDRESSED / ドレスドアンドレスド

「二面性の結合」をブランドコンセプトに、男性らしさと女性らしさ、モードとストリート、未来と過去、光と陰といった、様々な要素を融合し制約の無い境界線を目指している。2012年にはランウェイデビューし、国内外から招聘を受けるなどここ一年で目覚しい評価を受けている。

designer

北澤 武志 / 佐藤 絵美子
Takeshi Kitazawa / Emiko Sato

collection

2016 s/s

2015 a/w

2015 s/s

2014 s/s

2013 a/w

2013 s/s



2012 a/w