mintdesigns 2014 autumn & winter collection

updated   : 5   : 0   : 0

純粋な頃を纏うアナーキースタイル

2014年3月17日、「mintdesigns(ミントデザインズ)」による2014年秋冬コレクションが発表された。今回はパンク・ロックをメインに英国の要素をミント流に解釈した。テーマは「it’s “A(アナーキー)” mintdesigns」。

スタンディング で見上げた先のファーストルック

会場には大きな「Z」形のランウェイがセットされ、観客はまるでロックバンドのライヴのようにオールスタンディング。リズムの良いドラムの音が、「アナーキー」と聞いて思い浮かべる「無政府状態」「無秩序」といった鋭いワードと共に胸に響く。

旅行トランクのベルト柄をフロッキープリントしたワンピースに、ノースリーブのライダースジャケットのスタイルで幕を開けた。網タイツにラバーソールを履き、ヘアにはボタン、顔周りには安全ピンが多く飾られたモデルの目線にも鋭さを感じる。
これまでのブランドイメージを一掃し、エッジの効いたファーストルックに度肝を抜いた人も少なくなかったのではないだろうか。

序盤はミントらしいポップな色使いが登場しない一方で、凹凸のあるテキスタイル、曲線のパターンやワンピースの丈感でミントデザインズらしさが健在であった。7ルック目にはパイル地にオパール加工を施すことにより表現した荊柄のパンツ、そしてライダースジャケットというハードな印象のスタイルが登場。これをミントデザインズとしては珍しいメンズモデルが着用することで序盤のモノトーンスタイルを更に強調した。

メンズモデルの登場後は、タータンチェック・荊柄に絞ったルックが展開され、時折組み込まれたショッキングピンクなどの彩度の高いグラフィックとモノトーンルックとのコントラストがランウェイを賑わせた。

中盤に差し掛かり、ブランドアイコンでもあるドール柄を使用したアイテムが目立ったが、中でも身頃にたっぷりと寄せられていたワンピースのギャザーは、実は今回のランウェイと同じ「Z」形になっているという何ともユニークなアイデア。他にも、得意の曲線のパターンに合わせたジップ使いをするなど、遊び心を単なる装飾に留まらせずに服に落とし込む術は流石である。

レザーに馳せるミントデザインズの蓄積

デザイナーの勝井が「レザーをずっとやりたくて、今回やっとできた」と述べるように、今回のコレクションを考える上でレザーは欠かせない。ファーストルックやメンズモデルが纏っていたライダースジャケットで、パンク・ロックといったテーマ性を強調していた一方で、終盤の4ルックでは”ミント流のレザーアイテム”を惜しみなく披露した。

メンズ・レディースそれぞれ異なるレザーを使用しており、メンズでは使い込んだようなテクスチャーを生かしてよりハードに印象付けた。レディースは、ペプラムシルエットのライダースジャケットや、オールレザーのワンピース・スカートといった柔らい上質な牛革ならではのアイテムが揃った。
そしてよく見るとこれらに付けられたスタッズはドール形になっており、さりげないながらもテーマ性とウィットさが見事に融合された。グッズの展開も期待せずにはいられない。

黒レザー以外にも、安全ピン柄を泊プリントしたアウターの袖にレザーを用いることでより贅沢さを演出している。

”拘ったテキスタイル”や”服をプロダクトとして捉えるブランド”といった切り口で語られることが多いミントデザインズが、質やデザイン性が深く問われるレザーを今後どう用いていくのかは興味深い。

力強いデザインの根底にあるシンプルな答え

これまでのミントデザインズは抽象的なテーマを掲げ、毎シーズン独自の表現方法を提示してきた。前シーズン(2014 年春夏)のテーマ「Vertigo」は「めまい」を意味し、真っ白なキャンバスに無造作なマーブル模様を描いた実験的な手法を用いているのに対し、今回はパンク・ロックといった見る側の脳内にある程度イメージが固定化された中にブランドらしさを凝縮させていた。テーマの振り幅が狭い中でのコレクション発表は、「ミントが英国スピリットを解釈するとこうなるんだ」とこれまで以上に力強いプレゼンテーションとして受け取りたい。

また、ここでテーマ「it’s “A” mintdesigns」を考えてみる。「”A”」を”アナーキー”と捉えることももちろんだが、「それがミントデザインズ。」というシンプルな解釈を敢えてしてみてはいかがだろうか。

デザイナーの八木が「ファッションに対して抱いていた純粋に高まる気持ちを大切にした」と述べているように、観る者を決して飽きさせず、新たな試みを次から次へと行うブランドのルーツとして、ファッションに対する純粋な思いがあることを表現した。
確かに、用いられた柄にはチェックやドットといった誰にでも馴染みのある柄が多くあったり、デザイナーの二人がファッションを学んだ英国の要素がメインとなっていた。

今回はこれまで見られなかったエッジの効いたコレクション展開により、更に支持層の幅が広がったことと思われる。次はどのようなテーマがミントの手に掛かり、プロダクトとして生み出されるのか楽しみである。

文:石川 千央