mintdesigns 2015 spring & summer collection

updated   : 10   : 0   : 0

ガラス越しに見るミントデザインズ

2014年10月13日、「mintdesigns(ミントデザインズ)」による2015年春夏コレクション「PRISM GIRL」が発表された。今期は、ガラス越しに見た世界をあらゆる手法で描き出し、創造性の高さを柔らかに示した。

素材で魅せるプリズム

今期は、秩父宮ラグビー場を舞台に選んだミントデザインズ。これまでに数々のブランドがこの舞台で発表を行ってきたが、都会の空気とは少し異なるこのロケーション(空間)を彼らが如何にしてプリズムに活かすのかが気になりつつ、秋雨が降りしきる中、夕刻のショーが開始した。

ファーストルックはチェック柄のワンピース。腰周りに直線的なフリルがあしらわれ、弾力ある生地が織り成す独自のフォルムはリズミカルな音楽の波長に合わせ、独特な揺れを見せる。続いて登場したセットアップは、パーツ毎にチェック柄の向きを変えて組み合わせ、ストライプのワンピースにも柄が分散するようにフリルが付けられている。

モデルは皆サングラスを着用し、どこかレディライクな印象に。ガラス越しの世界を見渡し背筋が伸びているように感じられた。アイコニックな枕型のクラッチバッグには、夢で見る幻想世界のイメージが重なる。その一方で、構築的なシルエットや足元で反射するドレスシューズの蛍光ピンクのソールがさりげなくブランドらしさを支える。

このワンピースやセットアップに使用された素材はダブルラッセルと呼ばれ、主に自動車のシートや内装材として使われ、弾力のある繊維を経編し、通気性に優れているという。一般的な服地にはない張りを持つこの素材に特殊な加工を加え、紙やビニールっぽくしている。更にチェックやストライプといった垂直な柄をインクジェットでプリントを施し、レイヤーを通して見ることで、立体感を創り上げた。序盤の圧倒的な素材力でプリズムを印象付け、その後メイン素材がリネン・コットン・メッシュと映り変わっていく。

メイン素材となったダブルラッセルはいかにも化学的な素材であるが、ディテールに着眼すると、ワンピースやステンカラーコートの襟・袖・ポケットにはリネン素材を用いている。デザイナー八木は、「リネンのように100年前からある生地に不思議なテクニックや新しさはないけど素朴な良いものと、ダブルラッセルという化学的な素材をミックスさせ、その対比が面白い。」とコメント。このように天然素材と組み合わせて打ち出すことで、日常に中和するように溶け込むようデザインされている。これはプリズムが日常生活の中で起こる現象であるにも関わらず、どこか幻想的であることとの対比であると考えることもできる。

素材と並んでミントデザインズが得意とするプリントも今回はプリズム現象を彷彿させる。お茶目な「Miss.ミント」や「Mr.ミント」の顔は大小様々に反射して、幾何学模様やアルファベット、数字、記号のプリントはワンピースに生まれたドレープにより柄が交錯し、より科学的な仕上がりである。

後半で目立っていたのが、光沢のあるメッシュ素材にボーダーを斜めにプリントし、プリーツさせたワンピース。これはランウェイのライトが当たる中モデルが歩くことで多面的に映り、更に秋雨が一枚のフィルターとなり会場全体がプリズムの世界に引き込まれていく。

現実と非日常の表現

「PRISM GIRL」というテーマ自体はこれまでのミントデザインズが得意としてきた抽象的な表現の流れを汲んでいるようにも思われるが、奇抜なヘッドピースを用いないこともあり、リアルな印象が強い。これは、今期のテーマについて、「『PRISM』だとコンセプチュアル過ぎて、もっと情緒的なブランドなので『GIRL』をつけて柔らかくしました。」とデザイナーの勝井が述べていることが答えではないか。飽くまでプリズムは日常空間において起きる現象であり、その中で見られる幻想世界を描くということは、ミントデザインズの日常に重きを置く姿勢そのものに通づる。

素材の追求、グラフィック、カッティングの全てにおいて抜かりなく、それでいて強い主張を露わにするのではなく、誰もが着て楽しめるプロダクトであることと、春夏コレクションの明るさが相俟って、幻想的な非日常の世界が交錯したコレクションとなった。

文:石川 千央