sise 2014 spring & summer collection

updated   : 9   : 0   : 0

少年がアダルトに纏う愛情と決意

2013年10月15日「sise(シセ)」による2014年春夏コレクション「story of a man」が発表された。映画「華麗なるギャツビー」に登場するレオナルド・デカプリオが演じる1人の男の成功の光と影を表現している。

国立競技場のそばに設置された長いランウェイにはカーペットとシャンデリアが飾られており、まるで高級ホテルのよう。前回と同様the telephonsの石毛輝氏による音楽は子守唄を聞いているかのような雰囲気を醸し出し、今回のコレクションの世界へ観客を連れていった。

siseのイメージを作っていくのではなく、作りたいものを

ファーストルックから、Tシャツやテーラードに合わせたタイトなパンツとのコーディネート。定番のショートパンツはダフタ素材によりエレガントに仕上げ、カラーはブラック、ネイビー、ホワイトと落ち着いたものを使用。シャツはタイト過ぎないゆったりとしたシルエットで、第2ボタンまであけたルーズな着こなしは大人のセクシーさも感じられる。ブランドコンセプトである「少年性」をイメージさせるストリートスタイルから、少し背伸びしたシティーボーイスタイルのようだ。

そして中盤から登場するゴージャスな植物のテキスタイルが観客の目を奪った。クラシカルなコートやダブルボタンのテーラードに大胆にあしらわれており、リゾート感も漂うそのスタイルは優美な生活をしている大人の男性を彷彿させる。それは華麗なるギャッツビーで登場している1920年代の豪華絢爛なパーティーを現代風にアレンジしたスタイルだ。

ファンと共に年を重ねていきたい

これまでsiseがつくってきたショートパンツ、白いシャツ、ジャックパーセルというスタイルから、全体的に大人なテイストに展開している。これに関して松井氏は「10代に思いをはせるのではなく、ブランドとしてエイジ(年齢)を上げたかった。」とコメント。ブランドとして挑戦的ともいえる今期のコレクションである。

終盤に登場したダークグリーンとゴールドが配色されているセットアップは、まさに純粋な若者より酸いも甘いも経験したダンディーな男性に似合うアイテムだ。そして、シールアーティスト大村雪乃氏の作品をジャガードでプリントしたアイテムには、六本木の夜景がプリントされており、華やかだが嘘まみれな街という意味が込められている。大人になりあの頃のような少年には戻れないという寂しさを感じ、松井氏の心境が伝わってくる。

しかし、大人になったことをネガティブに捉えているわけではない。大人のエレガントさ、ダンディーさを兼ね揃えている今期は、松井氏のメンズスタイルへの提案である。今までのsiseの「少年性」から距離を置いたことは、一見ファンをつけ離しているようにも感じるが、共に年をとりライフスタイルが変わっても着れるようにという愛情と雰囲気を変えたことへの決意が伺える。若さや純粋さだけでなく、年齢を重ねることへのかっこよさを取り入れた新たなコレクションとなった。

文:徳永 啓太