話題のセレクトショップ「ぱりゅこ」のアレが面白い

updated   : 17   : 0   : 0

取材やお出かけ先で見つけた気になるヒト・モノ・コトを紹介するコーナー。第一回目は、話題のセレクトショップ「ぱりゅこ」で見つけたアレをご紹介。

2012年05月18日に「渋谷PARCOパート1」4階にオープンした、セレクトショップ「ぴゃるこ」。同じく渋谷に位置するセレクトショップ「ミキリハッシン」の代表である山口壮大がオーナーを務め、内装ではウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が空間デザインとサイネージを手がけたことでも知られている。また、週末は実験的フリースペース「ぱりゅこ」としても機能し、「writtenafterwards」のデザイナー 山縣良和主宰の「ここのがっこう」やフォトグラファー 田口マキがディレクターを務める「GENELATION LAB.」が開催されていることでも注目を浴びている。

何気なくショップに入ろうとすると・・・視線のなかに自分が映し出された映像を横目にする。画面端には撮った人達の写真が並び、セルフシャッターで撮った記念写真が「ぴゃるこ」に掲載される旨が記載されている。



完成した写真は「ぱりゅこ」に掲載され、画像ダウンロードや「Twitter」と「Facebook」で共有も行える。

このアイディアについて、ショップオーナー 山口壮大は「ファッションのお店って、ファッションの楽しみ方だけを提案するというか・・・『ぴゃるこ』はそうありたくないと思って。それで『渋谷』で新しくお店を出すときに、渋谷のことを考えていたら『プリクラ』のアイディアがパッと出てきた」と語った。この機能は「リアルスケッチピストン×チームラボカメラforぴゃるこ」と名付けられ、不思議な魔法のペンとスタンプを使って、自由に落書きをする「スケッチピストン」と「Facebook」などに連動し自動的に撮影を行うデジタルサイネージ「チームラボカメラ」が融合した、新しいプロダクトとして打ち出されたものである。

また、今後は背景であるホワイトボードも「一般の人達も書き込めるように解放する予定」となっており、ストリートスナップやプリクラのように背景やポーズなどで生まれる個性を楽しめるようになっていく。撮影していく人は、商品を買った記念、お店に行った記念、たまたま通った記念など、動機は人さまざま。ショップ側での写真選別・編集は行なっておらず、コンセプトである「作用」と「連鎖」を体現したアイディアである。

写真・文:スナオシタカヒサ

問い合わせ

ぱりゅこ
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコPart1 4F
電話:03-3477-5828
url:http://www.paryco.asia
取扱ブランド:keisuke kanda/FACETASM/ANREALAGE/is-ness/NiR /eimnou/spoken words project/PARADIGM SHIFT/sasaki katsura/torikonia

Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/coromo/coromo.jp/public_html/wp-content/themes/coromo/single.php on line 55