date
2012/3/21
place
TOKYO MIDTOWN HALL A
theme
LOST
designer & director
Masanori Morikawa
stage direction
Takashiro Saito
stylist
Yasuhiro Takehisa
hair
Kunio Kohzaki
make
Mariko Tagayashi THE M・A・C PRO TEAM
music
Setsuya Kurotaki
movie
Yukihiro Shoda
Takayuki Moriya
Tsuyoshi Kadowaki
Akira Horiuchi
Atsunori Toshi
Koji Nishida
model casting
HYPE
show press
Sian PR

CHRISTIAN DADA 2012-2013 autumn & winter collection

updated   : 4   : 0   : 0

ファッションを通じて、森林の美しさと汚染する現在を表現

「CHRISTIAN DADA(クリスチャン・ダダ)」による2012年秋冬コレクション「LOST(私たちの還る場所)」が発表された。今期は、バンド「Under Byen(アンダー・ビエン)」の「Plantage(プランテージ)」からインスパイアされ、森林の行く末を問い掛けるように展開した。

Beauties of nature
The question of where we return
CHRISTIAN DADA 2012-2013 A/W COLLECTION プレスリリースより

「自分のDIYを感じるものをデザインしている」

心臓音を想起する開始の合図から、デザイナー 森川マサノリ自身が「自分のDIYを感じるものをデザインしている」 というメンズのルックが続々と登場してくる。「以前からやりたかった」というファン待望のカウレザーやムートンライダースジャケットが初登場した。その他にも、ジャガードとデニムのコンビ素材や袖にジャガード素材を使って袖口やリブにボアをあしらったGジャンなど、例年以上にアウター類が充実したラインアップになっている。

“ノージェンダー”の空気感

特に印象的だったレザースモッキングのホルターネックは、これまでのユニセックスなアイテムから一歩踏み込んだ“ノージェンダー”の空気感を漂わせている。それは、アイテムだけでなく、スタイルにも伏線がみられる。今期は、大きくわけて「ボディーコンシャス」、「Vライン」、「Aライン」の3つのスタイルを提案している。とりわけ、このVラインを作り出すワイドパンツの分量は、メンズの感覚よりもレディースの感覚に近いシルエットである。

そして、ショーが中盤に差し掛かると、レディースを中心にテーマ性が徐々に色濃く表れ始める。小鳥が森林のなかを彷徨うプロモーションビデオから「苔の美しさ、実写の苔とデジタルな小鳥な対比に影響を感じた」といい、その特徴はテキスタイルに秘められている。「木こりや森のイメージから連想した」という、アランニットやジャガードをはじめ、プリントでは花や苔といった森林のモチーフを多様している。

ファーストコレクションからデザイナーが好んで使用しているジャガードは「木の苔をイメージした」といい、日本でも有数の技術を持つ福井の工場によって三原色で表され、一見すると「グロテスク」ともいえるモチーフを独自の美意識で服へ落とし込んだ。通常のゴブランとは異なり、糸を飛ばし打ち込みを細かくしたうえで縮絨することにより、独特の凹凸感を生み出している。

ショーの後半になると、ミュージックの盛り上がりと呼応するように、ブランドシグネチャーであるダメージ加工のパンツ、スタッズの付いたドレスやコート、大木を想起するようなクッションを組み合わせたコレクションピース、「無機質な感じを出したかった」という、フリザードフラワーを纏ったドレスが登場してフィナーレを迎えた。

イメージソースである「プランテージ」のフィナーレでは、卵から樹木が誕生し、新たな鳥が自然回帰する描写だが、ショーでは舞台に立ったモデルが登場する。そして、映像に映る燃え盛る鳥籠から、デジタル上で羽を纏った天使が迷いながら舞っていく幻想的な締めくくりが行われた。先シーズンに引き続き、あえて自身の考えを明確化せずに抽象的な表現で観ている者に問い掛けるコレクションを展開した。

シーズンを重ねる毎に、目に見える進化を遂げ、リアルクローズとコレクションピースをバランス良く取り組んでデザインの幅を広げている。今後も、より一層のクリエーションのレベルアップに期待したい。

写真・文:スナオシタカヒサ

CHRISTIAN DADA / クリスチャン・ダダ

「アドレッセンス性を持ったプロダクトアウト」をコンセプトにした服作りが特徴。2010年にブランド設立、ランウェイデビュー後は「LADY GAGA(レディ・ガガ)」が着用したことでも話題になった。シーズン毎に着実な成長をみせ、東京の若手ブランドのなかでも一際高い注目を集めている。

designer

森川 マサノリ
Masanori Morikawa

collection

2016 a/w

2016 s/s

2016 s/s

2015 a/w

2015 a/w

2015 s/s

2014 a/w

2014 s/s

2013 s/s mens

2012 a/w


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/coromo/coromo.jp/public_html/wp-content/themes/coromo/single.php on line 55