date
2012/3/22
place
TOKYO MIDTOWN HALL A
designer
Motonari Ono
stage direction
Hiromasa Tsujii
stylist
Yasuhiro Watanabe
hair
ABE
make
MIZU
selection of music
Tsuyoshi Baba
model casting
HYPE
show press
ESTEEM PRESS

motonari ono 2012-2013 autumn & winter collection

updated   : 4   : 0   : 0

女性の“憧れ”を表現した嬌艶なコレクション

「motonari ono(モトナリ オノ)」による2012年秋冬コレクションが展開された。今期は、ファッションイベント「FASHION’S NIGHT OUT」で、ヴォーグ編集長が勢揃いした一枚絵からインスピレーションを受け、ファッションを前向きに楽しんでいる女性像を描き出した。

今期のモトナリ オノは何かが違う

先シーズンのムーランルージュをイメージした舞台から一変し、ヨーロッパの雰囲気が漂う木目をイメージしたランウェイが用意されていた。ショー開始前から「今期のモトナリ オノは何かが違う」と予感を持たせてくれる。まず登場してきたのは、牛革のイエローワンピース。シンプルなデザインでありながら、女性ならではの品格や明るさを象徴とする色合い。これまでレザーをコンビの要素に使ってきたブランドだけに、この見せ方の変化は“モトナリ オノの新たな挑戦”が垣間見えてくる。

ラグジュアリーとロマンティックの融合

一際輝いたアイテムは、ファーボレロである。今期のルックでもドレスやニットなどのレイヤードとして登場したが、様々なコーディネートを楽しめる万能的なアイテムである。チベットラムファーを贅沢に遣い、正に、ファッションアイコンでもある編集長が羽織っていそうなラグジュアリー感を演出してくれる。その傍ら変わらないセンスもある。深紅な色合いが特徴的なキップスキン ✕ ニットのトレンチコートなど得意とするプリントやコンビ遣い。そして、アネモネやアカネをプリントしたドレスなどは花言葉に「恋」の意味を持つ。モトナリ オノのロマンティズムは細部に至り健在だ。

「レザーのハードな一面とレースの繊細な一面、二つ合わせて女性が持つ内面の力強さと弱さを表現した」

テーマを設けずに望んだ今期について、デザイナー 小野原誠は「レザーのハードな一面とレースの繊細な一面、二つ合わせて女性が持つ内面の力強さと弱さを表現した」と言い表した。その言葉が示すように、リバーレースを使った繊細なランジェリーギミック、東コレブランドのなかでも一際レベルの高いセンスを持つコンビ遣いを取り入れつつ、嬌艶(きょうえん)な印象を与えるレザー、ファー、ベルベットを積極的に用いた。

ブランドとしての新たな奥行き

震災後の12年春夏コレクションから、レッド・マスタードなどの多彩な色遣いが加わり、ここ2シーズンで飛躍的に完成度が上がってきている。先シーズンの豊艶なイメージから、更に踏み込んだ嬌艶な女性を表現したことで、女性像の内面性だけでなくブランドとしても奥行きが生まれた。思わず、女性ならば「着てみたい」という憧れを抱かしてくれるエネルギーを与えてくれるブランドだけに、今後の更なる飛躍を楽しみにしたい。

写真・文:スナオシタカヒサ

motonari ono / モトナリ オノ

レースやフリルをふんだんに使い、独自な視点でモードに落とし込んだロマンティックでエレガントな服が特徴。2012年秋冬コレクションでは、レザーを積極的に用いて圧倒的なセンスを持つ素材組み合わせでデザインの幅を広げた。

designer

小野 原誠
Motonari Ono

collection

2016 s/s

2015 a/w

2015 s/s

2014 a/w

2014 s/s

2013 a/w

2013 s/s

2012 a/w

2012 s/s

2011 a/w

2011 s/s

2010 a/w

2010 s/s

2009 a/w

2009 s/s

2008 a/w


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/coromo/coromo.jp/public_html/wp-content/themes/coromo/single.php on line 55