theme
NEITHER WORLD
designer

Tomoaki Okaniwa
model
Evgeniy Potapenko
look photo
MOTE SINABEL

The Viridi-anne 2013 spring & summer collection

updated   : 5   : 0   : 0

見よう見まねで服をデザインした原点からブランドの新境地を発揮

「The Viridi-anne(ザ・ヴィリディアン)」による2013年春夏コレクション「NEITHER WORLD」が展開された。先シーズンの「-nostalgia-」からノスタルジックな空気感を継承しつつ、今期は架空世界の住人が現実世界の服を見よう見まねで服をデザインする設定で違いを生み出した。

色が飛んだ写真。ボケた写真。画角の異なった写真・・・架空世界と現実世界の狭間

意図的に統一されていないイメージルックにすることで、架空世界と現実世界の狭間を映しだした。今期の始まりについて、デザイナー 岡庭智明は「お金がなくて好きな服を買うことが出来なかったとき、それらを見よう見まねで作ったことがキッカケで業界に入ることができた。でも、その後にそれらの服を買って、パターンを見たときに全然違うものだった」というように、イメージとリアルの狭間に面白味を見出した。放浪感溢れるアジャスタブルな三角フードのパーカーブルゾン、エプロンを巻いたようなレイヤードルックなど、タイトやストレートなシルエットのなかでアクセントアイテムを盛り込んだ。

だが、最もアイデンティティを発揮したのが、とりわけシャツラインに表れている。斜めにカットしたアシメトリーなデザイン、万年筆で描いたようなラフなストライプ、衿と袖口の切り替え部分のみ別布をボンディングしたレーザーカット、フロントボタンを全て閉めるとハイネックになる仕様など、抽象的な見え方をデザインレベルの表現だけでなく、それらを現代的な着方としても自由に楽しめるのが特徴である。

ジップアップブルゾン、ダブル合わせのパーカー、7分丈のサルエルパンツ、定番のバックパックなどでつかわれた、イタリア『チェルッティ社』とのコラボレーション素材も注目。更に素材を活かすため、リブとの境界線を馴染ませるように、袖口と裾の部分に特殊加工を施したダブル合わせのパーカーなど、メンズブランドらしくディテールに凝った仕様になっている。

シューズラインでは、一際土臭さを感じさせ、アイテムコーディネートに活かせるレースアップ型のレザーソックスが登場。クタッとした表情が印象的なクロム鞣しのラム革の裏面に、天竺をボンディングすることで履きやすさも考えて一枚仕立てになっている。短靴やサンダルなどの足元を出すシューズと併せて着用するのに最適で、レザー好きには見逃せない。

そうして自身のアイデンティティと向きあうことで、黒を基調とし経年変化をモットーにするブランドとして更なる奥行きをみせた。

取材・文:スナオシタカヒサ

The Viridi-anne / ザ・ヴィリディアン

「繊細なディテールの作り込み」と 「静けさを持ったマテリアル」を基本コンセプトとしている。表面的なデザインだけでなく、着た時には見えない裏側や細部への拘り。表情や質感を重視し、侘び・寂びのような閑寂な雰囲気を基調とした素材の製作。洗練された深みと重みを重視した物作りが評価されている。

designer

岡庭 智明
Tomoaki Okaniwa

collection

2013 s/s


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/coromo/coromo.jp/public_html/wp-content/themes/coromo/single.php on line 55